CDJ HYPER CHAIN OIL

2022/12/05
フルセラミック専用オイルの開発をヒントに抵抗軽減と持続力の延長を目指して作られた、全く新しいチェーンオイルです。非常に粘性の低いベースオイルですが、油膜形成力は強靭で、ドライブチェーンに1回塗布すれば500キロ以上は油膜切れの心配無用、汚れもほとんど出ません。異次元の発想から生まれたハイパーチェーンオイルです。
*使用条件によって異なります。
【商品説明】
レース用オイルに匹敵する潤滑性能を有した低粘度オイルでありながらも、同種異種構造の2つの固体潤滑材を使用して潤滑性、耐久性、強油膜性等を長期間維持し、ベースオイルの浸透性、防錆性、水置換性を強化して、非常にスムーズな使用感、ペダリングの軽さ、油膜によるクッション効果を具現化し、過酷な環境下でも使用できる「WS2プラスIF-WS2配合低粘度エステルオイル」です。
主潤滑材料は、二硫化モリブデンより遥かに強固で、潤滑性や耐荷重性が高い「層状構造の二硫化タングステン(WS2)」を採用し、高い潤滑性のまま被潤滑材同士の接触を長期間にわたり防ぎます。
補助潤滑材に、 WS2より粒子が小さく航空宇宙関連機器に使用する潤滑材である分子レベルで何層もの球状構造をした「多層フラーレン構造の二硫化タングステン(IF-WS2)」を採用し、被潤滑材の表面やWS2の隙間に入り込み、IF-WS2が低荷重では球が転がって潤滑し、高荷重では球状の層が滑り剥がれる等して更なる潤滑性能を発揮します。
【使用方法】
*チェーンを綺麗にしてから塗布してください。
*オイルは使用前に必ず良く降ってから塗布してください。
*各リンク(全体)に数滴ずつ塗布したら回転させて馴染ませてください。
*お好みで付属の極細ノズルを装着して使用してください。
*塗布完了後回転させてください。(推奨;3~5分)
*余分な油分は拭き取ってください。
*他社製品と混ぜて使用しないでください。
*第4類第3石油類

*内容量:50ml/¥3,520(税込)

■ご注文方法
1)最寄りのショップ様へご注文ください。
2)ウェブショップよりご注文ください。
CDJ HYPER CHAIN OILインプレッション
インプレッションライダー;木村皆斗 競輪選手(21歳、119期、A級2班/来期S級2班)
CDJとは高校時代に知り合って、CDJビッグプーリーキット等をサポート。
競輪選手として活躍する現在(これまで通算82勝)も友好な関係からチェーンオイルのテストを依頼。
実際にプロの使用にも耐えられるのか、興味津々。以下コメントです。
【インプレッション】
頂いてからPIST6競輪問わずレースで使いまくっているのですが、オイルめちゃ良いです!
粘度的にはサラサラ寄りでもチェーンからあまり飛び散らずなにより汚れが付着しづらい印象でした。他のオイルに比べてチェーンの硬さをそのまま感じるようなフィーリングでダイレクト感が好きな人にはピッタリだとも思います。あとは個人的なあったら良いな的オプションなのですが、スプレー式があると大変助かります。開催の際に一コマ一コマ油を差すのが億劫な時があるのと、スプレー式であれば霧状のオイルが噴射されるのでコマとプレートの間やプレート同士の間にも満遍なく楽に差すことが出来るかと、、
インプレッションライダー;松尾 遊 氏
・筋肉ブロガー
シクロクロスレースを中心に、ロードレースやグラベルレースにも参戦。
※2022年11月現在、CM1ライダーとして活躍中
「ご縁があり、CDJ様のチェーンオイル(開発品)を使用させて頂きました。そして使用後の率直な感想を以下へ記します。私が使用したシチュエーションや、そもそもチェーンオイルに求めている事も記載するので、本インプレッションを参考にしてもらえると嬉しいです。」
 
【チェーンオイル使用期間】
・1ヶ月
 
【チェーンオイル使用距離】
・1874km
 
【チェーンオイル使用コンディション】
・ローラー台
・ドライ(晴)
・ウェット(雨)
・マッド(泥)
 
【チェーンオイルに求めている事】
・塗布後にチェーンから異音がしない事
・走行中にチェーンが汚れない事
 
【インプレッション】
私がチェーンオイルに求めてる事は、主に以下2点です。フリクションロスやオイルの耐久性については、ライダーの感覚的な部分があると思っている為、実際聴覚①や視覚②で判断可能な点を重要視しています。
①塗布後にチェーンから異音がしない事
②走行中にチェーンが汚れない事
①については、異音が全く無くストレスフリーなライドが可能となりました。インプレッション前は、ワックス系チェーン潤滑剤を使用していました。使用していたワックス系チェーン潤滑剤の場合だと、ダンシングやスプリント、高トルク(6.5 W/kg以降)で登っている際、チェーンより「ギシギシ」という音が鳴っていました。しかしながら本オイルは、同様なシチュエーションで音鳴りはしないです。私個人、異音には敏感に反応するタイプなので、音鳴りから解消されたのは非常に有り難い事です。ストレス無くライドができるという点では、本オイルはメンタル面でも良い作用を発揮してくれているのかなと感じています。同様なシチュエーションで音鳴りがする方が居れば、是非使用してみて下さい。
②チェーンの汚れについて。こちらも比較対象はワックス系チェーン潤滑剤となります。結果だけ見ると、ワックス系チェーン潤滑剤の方が汚れは付きにくいです。ただし、ワックスとオイルはそもそも特性が異なるので、比較対象としては微妙だなとも思っています。ただし、他社のチェーンオイルと比較した場合は、汚れにくいなと実感しています。(舗装路の完全ドライコンディション時であって、CXレースだと他社含めてオイルは汚れます。)汚れが付着し難いという事は、チェーンオイルの性能を保ちやすいと判断しています。つまり、良い状態を長く保てるという事です。また①の異音が発生する確率も少なくなりますし、チェーンリングやスプロケットetc、消耗品へのダメージも少ないはずです。

シチュエーション毎に簡単なインプレッションを記載します。
 
【ローラー環境】
1ヶ月で約720km、週3回は乗りますが、1ヶ月経過してもオイル切れと異音は無し。
オイルが地面に飛び散ってないので、オイルの耐久性は良いと実感。
 
【ドライコンディション】
上記①と②を参照
※前提条件として、1ライド毎(100km)にチェーンオイルの脱脂と再塗布を行っています。
 
【ウェットコンディション】
CXレースで使用。CM1だと40分のレースだが、チェーンオイル切れは無し。
ロードレースよりも路面状況が悪いCX環境化でテストしている為、舗装路だとなお良いと想像しています。
 
【マッドコンディション】
CXレースで使用。ウェットコンディション同様にチェーンオイル切れ&異音は無し。
よって、ハードなコンディションでも同オイルは使用可能と判断しています。
 
【その他】
オイルの粘度は、比較的サラサラです。その為、塗布の際は少量ずつ塗布しないと、地面にオイルが落ちます。個人的にオイル耐久はロード環境だとドライで3時間~5時間、ウェットだと1時間~2時間保てば良いと考えています。(CXレースの場合は、全天候1時間)
ドライ・ウェット共に問題なかったが、ウェット環境下で2時間以上使う場合は、場合によっては再度塗布が必要かもしれないです。
 
【締め括り】
私はレース時間のみオイルの性能が最大限に発揮して欲しいと思っており、同オイルは私が求めている項目にマッチしていて、非常に良いと実感しています。「低摩擦抵抗×異音解消×チェーンの汚れ難さ」を求めるワガママサイクリストには、同オイルはおすすめです!