カーボンフレーム カスタマイズの扉を開く

朝晩、めっきり冷え込んで来ましたね。

夏の暑さから解放されて、走るのにうってつけではあります。

また秋の夜長、愛車をあれこれいじって過ごすのも楽しいですよね。

エイ出版様からは、その名も「ロードバイクカスタマイズBOOK」が発売されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーボンフレームユーザーの駆け込み寺として。

あるいは上質なカスタマイズと個性を求めるユーザーのサポーターとして。

補修技術やビッグプーリーキット等を取材していただき、大変評価していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車店さん・書店さん等で見かけたら、ぜひ手に取ってご覧ください。

 

カーボンフレームが破損しても、あきらめる事はありません。

個性的なアップグレードの手段もご相談下さい。

あなたのスポーツサイクルライフを強力バックアップするカーボンドライジャパンです!!

 

S1、東京で試乗できます。

週末からのサイクルモードに向けて、盛り上がっている方も多いと思います。

パワードバイクも負けずに盛り上がっております。

11月3日(日)~10日(日)、東京で試乗出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

11月3日(日)、東京に新規オープン「スリーホイールJAPAN-東京」様。

10日(日)まで1週間の試乗期間を作っていただきました。

〒104-0033 東京都中央区新川2-6-13 スーリア丸井1階

Tel 03-6280-3171営業時間:10時~19時

東京駅や八丁堀からも程近く、交通の便も良い所です。

バイクとも自転車とも異なる異次元のパワーをご体感下さい。

新規オープンの取材対応等で担当者不在の場合がありますので、

ご来店前には、お手数でも電話でご確認をお願いします。

本場のツールのように。

何とか雨も上がって、無事に開催された「さいまたクリテリウム」。

一般の方は、選手が本気で走る姿を見る機会は、決して多くないと思います。

それが、さいたま都心をプロトンが疾走。

しかも、マイヨジョーヌが独走。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レースがこんな間近で見られるなら、自転車の人気も一層高まることでしょう。

またツール・ド・フランスが世界中で人気がある事も理解してもらえるでしょう。

来年もあるのでしょうか?あるのなら、何とか時間を作って見にいきます。

ぜひ、これからも毎年開催してくださいね。

サイスポ12月号を見てね

今朝は、寒くて目が覚めてしまいました。

今年は季節の進み方が早いように感じます。

まだ秋を十分に楽しんでいないのに、冬がすぐそこまで来ているような。

月刊誌も、早くも12月号の発売時期です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎月の名物コーナー、安井行生さんの「トライ&ジャッジ」。

弊社のビッグプーリーキットが掲載されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単に、上級者の為だけの製品ではありません。

すべてのユーザー様が恩恵を得られるアップグレードパーツです。

詳しくは、サイクルスポーツ12月号を買ってね!

吹上でお待ちしてます

台風が去り、急に秋が押し寄せて来た冷え込み様です。

ついこの間まで「暑い、暑い」と言っていたのに。

強風や大雨で被災された皆様には、心からお見舞い申しあげます。

下を向かないで、どうか早く立ち直られますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、好評ご予約受付中のパワードバイクS1。

この週末は、弊社の吹上ショールーム「サイクルボックス」に登場します。

ご案内が不定期で申し訳ありません。

取材に、試乗会にと全国を飛び回っているものですから。

でも、一度乗っていただけば、この面白さは説明不要です。

みんなが笑顔になっちゃいます。

10月19日(土)~20日(日) 午前11時~午後7時まで。

名古屋市千種区千種3-35-10 TEL052-734-4270 で

ご来場をお待ちしております。

楽しみな10月

いつまでも暑い変な天候ですが、それでも気がつけば10月も半ば。

今年はジャパンカップだけでなく、さいたまクリテリウムも開催されます。

結構充実したメンバーが来日するようですね。

さいたまクリテには、モビスターも参加。

バルベルデや、アルカンシエルのルイ・コスタも登場するようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

J SPORTSでは、ありがたい事に無料放送もあるようです。

会場に行けそうもない私も楽しみです。

両方に出るバッソやサガンは、ひょっとして、1週間以上日本に滞在ですか。

関東方面の方は、どこかでひょっこり出くわすかも知れませんね。

 

・・・ところで、ルイ・コスタという選手。

以前はファリア・ダ・コスタと呼ばれていた気がしますが。

日本と違って、選手のお名前も難しいものですね。

特にスペイン、ポルトガル系の選手は。

 

もっとも、「ポルトガルのルイ・コスタ」といえば。

「ああ、フィーゴといっしょに黄金世代と呼ばれてたっけ。

いいスルーパス出してたよね。」というのが、先に浮かんでしまいます。

インプレ いただきました!

色々なメディアで取り上げていただいています。

販売店様やユーザー様の間でも好評です。

CDJビッグプーリーキット。

今回、新しくインプレを寄せていただきました。

ポルシェ等の高級スポーツカーのメカニックをされているY様。

実践派のユーザー目線で、率直な感想をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、インプレです~~~~

昨日、一昨日と、各200キロ程走りました。

トータルで疲労感が違いますね。
同じギア比でも、今までより「ギア一丁」位軽い感じがします。
蒲郡から幸田町の三河湾スカイライン。

そして三ヶ根山スカイライン(最大勾配10%)で、登りの実験。

今まで、一番軽いギアでもきつかったのが2.3割軽く回せました。

登りは極端にペダルがゆっくりになりますが、チェーンがスムーズに流れるのがわかります。

コンパクトクランクでは無かったので、如実に感じ取ることができました。

次に平地です。

高速巡航44キロオーバーで走る時も、ペダルが軽く回る気がしますね。

特にトップギアの最高速では違いがよくわかります。

速度が上がるというより、ペダリングが楽になる、軽くなる事が感じられました。

脚がある人は「もっともっと踏める」、脚が無い人には「楽になる」という感じでしょうか。

体感できますねえ。「あっ、違う!」って思います。

あとはやはり見た目です。

リヤ周りに迫力がでます。もう戻せません(笑)。

質感も非常に高く高級感があって所有感、満足度も高いです。

プーリーが大きい分チェーンを延長して重量増のはずが、乗ると軽くなります(笑)。

周りからの評判も良いです。

○○○社のプーリーなどは音がカチカチなったりするようです。

新開発のオリジナルプーリーは静かで、プーリー単体でも純正より遥かによく回る気がします。

今回はアルテグラに取り付けて使いましたが。。。

取り付け、調整に関しては素人レベルだと、厳しいかもしれません。

ギア比によると思いますが、プーリーが大きくなったので、

・Bテンションの調整

・チェーンのギア鳴りを無くす調整

このあたりが、今までよりシビアな気がしますね。

ショップに依頼すれば、問題のないレベルだと思いますが。
総じてデメリットが見当たらないですね。

いい意味でのプラシーボ効果も高いと思いました。

まだまだ走り込みたいです。

~~~~~~~~~~

ありがとうございます。

効き目を実感していただいている事が、とっても嬉しいです。

アップグレードパーツとしての「実効力」と「所有感」を

ハイレベルで両立させる事が弊社の目標です。

皆様もぜひ、ビッグプーリーキットをお試し下さい。

Copyright© 2008-2012 CARBONDRY Japan Inc. Allrights reserved.