オフィシャルショップ開店のお知らせ

早くも梅雨入りした東海地方です。

自転車に乗れない日が増えて、ストレスも溜まりやすいですね。

そんな季節の皆さんの対策は、ローラー? お酒?

早く気持ちいい日射しの下で、サイクリングでもしたいですね。

さて、私共カーボンドライジャパンは、愛知県日進市という片田舎で、カーボンフレームの補修やカーボンパーツの製作を行っております。

田舎なので駐車場こそ広いですが、お客様に来て喜んでいただけるような環境ではございませんでした。

そこで今回、名古屋市千種区の吹上に弊社のショールーム兼オフィシャルショップを開設する運びとなりました。

 

CARBONDRY JAPAN

OFFCIAL STUDIO

“CYCLE BOX”

〒464-0858 名古屋市千種区千種3-35-10

TEL 052-734-4270

地下鉄「吹上」7番出口から西へ徒歩5分

 

アクセスの良い名古屋市の中央部で、ゆっくり弊社の製品をご覧いただいたり、皆様からのご相談を承る事ができるようになります。

2013年6月8日(土)午前11時オープン

オープニングイベントと致しまして、

①超音波探傷機無料診断券のプレゼント

世界初公開、パワードバイク試乗会

(原付運転免許が要ります)をご用意してお待ちしております。

ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上お越しくださるよう、お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご来場には公共交通機関またはお近くの公共駐車場をご利用ください。

内装カスタムも絶好調

多くのユーザー様から、熱い支持をいただいているのが弊社の内装カスタム。

本来、電動内装化に対応していないフレームを内装化してしまうのです。

最近、なぜかこの内装カスタムを多くご依頼いただくのが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツを代表するフレーム「FELT」。

剛性とエアロフォルムのバランスが素晴らしいメーカーですね。

このAR1以外にも、多数やらせていただいてます。

しかも今回は世界標準のSHIMANO Di2ではなく、泣く子も喜ぶCampagnolo EPSでのご依頼。

当然ながら作業のセオリーはあるのですが、時にはプラスアルファで、色んな工夫が必要になります。

今回は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケーブルをきれいに取り回すために、蓋を作っちゃいました。

しかも、ワンオフのドライカーボン削り出しです。

小さな物ですが、これでメンテナンス性にも優れた仕様となりました。

この手の作業のアップチャージは、だいたい5,000円~程度ですが、状況により異なります。

「こんなの出来るのかなぁ。」とお悩みの時には、お気軽にご相談下さい。

ご来場、感謝。

スズカ8時間エンデューロ春SPに出展してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料で行った超音波診断、ビッグプーリーキットのカラーサンプル展示、どちらも好評でした。ご来場いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。

特にビッグプーリーには、たくさんのご賛同・ご質問・ご予約を頂戴し、皆様のご期待の大きさをひしひしと感じました。

2日目は午後から雨に見舞われ、早々の撤収となりましたが、8時間を走りぬいた皆さん、ほんとうにお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

出荷に向けて着々と、あるいはくちゃくちゃと準備をすすめております。

発売までしばらくお待ちください。

スズカ、ふたたび。

今日の日差しはまるで夏のよう。自転車にのらなくても、体調管理に気をつかう季節ですね。

暑かった昨年の夏。シマノ鈴鹿に出展してたくさんの方に弊社の技術をご覧頂きました。

そして、今回は5月18日(土)・19日(日)の両日「スズカ8時間エンデューロ春SP」に出展いたします。

 

 

 

 

 

 

 

補修例の展示や超音波診断の実演、ビッグプーリーキットなどを皆様にごらんいただこうと思います。

ブログに掲載させていただいたハイエースも展示の予定ですよ!!

ぜひ会場でご覧下さい。

スムーズでラクチン! EPS内装カスタム

好評をいただいております内装カスタムですが、事例をひとつご紹介します。

神戸市のSports Bicycle SAKAI様(神戸市垂水区)。

店長様のCARRERA ESTREMO LIGHTのEPS化をご依頼いただきました。

2006年発売のフレームでEPSに対応していません。

が、長く愛用されており、まだ十二分に乗れるので、コンポを最新にしようというアイディアです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっきりした外観。

変速は「スムーズでラクチン!」との事で、ご満足いただけたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外装用のワイヤー受けも撤去してフレームはすっきり。

バッテリーは、あえてダウンチューブ下につける事で、ボトルケージがダブルで使えます。

ロングライドにも対応できる店長様のアイディアです。

新しいフレームを買うのはもちろん素敵なことですが、愛着のあるフレームをあえて最新のコンポにアップグレードする・・・。

そんな楽しさに皆さんもチャレンジしてみませんか?

カーボンカスタム

ゴールデンウィークも、あっという間。

愛知県はおおむね良い天気でしたが、各地では真夏日だったり雪が降ったり。

自転車乗るのには気持ちのいい季節ですが、体調管理も重要ですね。

ジロが始まり、ワクワクしてますが、同時に寝不足シーズンのスタートでもあります。

昨日の第3ステージは、終盤まさかの展開で、見ごたえありました。

100回記念のツールも楽しみですが、やっぱりジロも良いですよ。

と言いつつ、自転車と関係ないネタですみません。

先日、チラ見せしましたハイエース・カーボンカスタムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にご覧いただくと、かなり美しいです。

今月18・19日開催のスズカ8時間エンデューロに出展しますので、お時間がありましたら、ぜひ実車をご覧下さい。

弊社ではこうした自動車のカスタムも承っています。

詳細ご興味ございましたら、お気軽におたずねください。

ありがとうございます

先日、一人のユーザー様からメールを頂戴しました。

 

 

 

 

 

(写真は補修前)

 

 

 

 

 

某・超軽量カーボンホイールの補修ご依頼いただいたN様から、補修後の使用時のインプレッションが送られてきたのです。

 

「ご無沙汰しております。先週末は、関東地方は絶好のサイクリング日和でしたので、合計200km前後を走行いたしました。
走行中の異音および違和感は皆無です。リムを補修したわけですから、バランス等の変化をどの程度感じることが出来るかがポイントと考えていました。しかし、違和感は皆無。ブレーキの当たりも多少は影響あるかと思っていましたが、それらも皆無。

想像以上の外見の仕上がりに加えて、実際に使用してみて、完治したんだと納得できました。
そして、この安心感こそが、一番の収穫だと感じました。あたかも新品を購入した時と同じ感動を再び感じることが出来て、本当に嬉しいです。
重ね重ね、ありがとうございました。今後も、よろしくお願いいたします。」

うれしいインプレでした。手前味噌ではありますが、こんな風に皆様のお役にたてるのは本当にやりがいを感じます。

ありがとうございます。

 

 

 

(補修後)

 

 

 

 

 

 

目にする機会の増えてきたカーボンホイール。軽量化を追求しているため、非常にデリケートな機種もあるようですね。各メーカーさんが様々な技術・材料を投入されており、極薄カーボンスポーク、接着剤、発泡スチロールなどが使われている機種も多くあります。弊社はドライカーボン技術に特化して補修やカスタムを行っておりますが、こうしたカーボンホイールには、弊社のドライカーボン技術をそのまま適用することが出来ません。

そこで様々な工夫をしながら補修し、ユーザー様にインプレッションをお願いするケースもあります。回転しつづけるパーツであり、ある意味カーボンフレームよりも難しい補修技術を要求される場合もあります。

補修によって、購入した当初と100%同じ性能や外観を取り戻すのは非常に難しいものですが、何とか普通に、安心して使えるようにしてゆきたいと、弊社は考えています。今後も補修の技術を磨き、経験と実績を積み重ねて、ユーザー様のニーズに答えてゆきたいと思っております。

Copyright© 2008-2012 CARBONDRY Japan Inc. Allrights reserved.