採れたてホヤホヤ。

おかげ様で好評ご予約受付中のビッグプーリーの採れたて画像です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的なデザインが決定(え、今頃?て言いっこなしよ)しました。バリバリ製造に励みまして、5月下旬発売をめざしてます。

ドライカーボンの強度と軽量化をバランスさせたデザインです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェーンの外れ防止カラーは、ジュラコン(超硬質プラスチック)で、耐久性を確保しながら、チェーンへのダメージも軽減。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プーリーケージは「カーボンツインプレート」とし、軽さと強度そして美観までもチューニング。

見るからにBIGなテンションプーリーは15T+セラミックベアリング。チェーンの屈曲を軽減しながらスプリング抵抗をも軽減し、同時にディレーラーのキャパシティーアップに貢献。

対してガイドプーリーは、あえて11Tのまま(と言ってもセラミックベアリング採用)で、ディレーラー本来のレスポンスを維持しています。

補足ですが、初回に発売しますのはアルテ6700/6770/デュラ7900/7970共用バージョンです。以降、準備整い次第デュラ9000用、デュラ9070用、カンパ用を発売する予定です。また、現行105=RD5700はケージ部分の仕様が違うため、取付られませんのでご注意ください。

登りでも平地でも、チェーンとともに回り続けるプーリー。

レースでもサイクリングでも脚が余っちゃう剛脚さんには必要ないかもしれませんが、そうでない方にはオススメ。

あなたの貴重な脚力の節約に、お役立ちです。

続・本物を纏う

またまた、やっちゃいました。

 

前回リアゲートをカーボンプロテックした弊社のハイエース。

ついにフロントもプロテックされちゃいました。

残念ながら雨がふってきてしまったので、全体画像などはまた次回ご紹介したいと思います。

 

雑誌に掲載

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春らしい表紙ですね、バイシクルクラブ6月号。

当社のビッグプーリーキットを新製品紹介の中でとりあげていただきました(92ページです)。

ありがとうございます。

使っていただくと、効果の実感できるアップグレードパーツです。

どうかたくさんご購入下さいますように。ぱん、ぱん。 ← いきなり神頼みではいかんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、いくつも出版されている自転車雑誌ですが。

ファンライドさんは今まで表紙は、毎月きれいなおねえちゃんでしたが、

最近はメカっぽくなっちゃいましたね。

個人的にはちょっと(いや、かなり)残念です。

そのかわり(ではないでしょうが)サイクルスポーツさんの表紙は

おねえちゃんでした。

おねえちゃんを載せると売上があがるわけではないんでしょうが・・・。

きれいなお姉さんはすきですか。「はい。大好きです。」

 

大きいことはいいことだ

なんて書くと歳がバレそうですが。

いよいよCDJオリジナルパーツを発売します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1弾はビッグプーリーキット。随分以前から発想はありましたが・・・。

リアディレーラーのプーリーを、大きなものにすると、チェーンの抵抗が減少してパワー伝達効率が向上し、結果的に脚力を温存できます。あえて11T+15Tを選択して、変速レスポンスも良好に確保しました。

チェーンは既存よりも長くする必要がありますので、ご注意ください。

希望小売価格は39,900円(税込)で5月の発売を予定しています。

ディレーラー本体は含まないキット販売となりますが、組付には専門技術が必要ですので、自転車専門店様か弊社にお任せ下さい。先行予約キャンペーンも実施しておりますので、詳しくはお尋ねください。

 

 

ご紹介ありがとうございます

弊社の診断や施工技術を認めて、ご紹介下さるかたが増えています。ありがとうございます。

カミハギサイクル様(愛知県小牧市)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイクルキューブ様(川崎市中原区)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも、困ってしまったユーザー様のサポートを続けていきたいと思います。お気軽にご相談ください。

本物を纏う

やっちゃいました。

 

当社の特許製法(CARBONDRY PROTEC)でハイエースのRゲートに

3Kカーボンプリプレグをハイブリッド施工。

 

 

 

 

 

 

 

フィルムでは醸し出す事の出来ない、本物のオーラを纏(まと)ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベント会場には、このハイエースで出撃します。

ハイエースファン、カーボンファン、そして自転車ファンの皆様。ぜひご覧くださいね!

 

 

 

講習会やりました

いよいよ新年度・新学期の始まりですね。

皆さん、エイプリルフールはいいウソ、面白いウソつきましたか?

私は「カーボンの原料となる繊維は、木炭から作られています。東レなど、日本のカーボンが優秀なのは、木曽ひのきなどの優秀な材木を産出するからです。」というウソを考えていましたが・・・。不発でした。

 

愛知県内の販売店様で、カーボンフレームの検査法と修理法の講習会を実施しました。合計4店舗からスタッフさん18名が集合。開店前のわずかな時間でしたが、活発に質問やご意見を頂戴しました。

 

 

超音波探傷器を持ち込んで、カーボンパイプを検査。外観や音ではわからなくても層間剥離が発生している実例を、目の前で見ていただきました。

 

 

 

 

この後、うっかりぶつけて心配だったスタッフさんの愛車を、飛び入りでチェック! 幸いなことに内部にも破損はありませんでした。これからもバッチリ乗れます。ユーザー様にもPRをよろしくお願いしますね。

Copyright© 2008-2012 CARBONDRY Japan Inc. Allrights reserved.