DI2 バッテリーホルダー

こうして見てみるとスマートに感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既製の台座にバッテリーを取付けるのもgood !

でも、スマートに付けてみませんか?

ちょっとした小物が愛車を引き立てます。

取付対応のフレームに付けるのも good !

弊社で内装加工時にオプションするのも good ! です。

もちろん「Made  in  JAPAN」です。

 

 

 

しゃぼん玉さん、20周年記念イベント

新着情報にも告知していますが、今度の日曜(23日)にラグーナ蒲郡にて

しゃぼん玉さん20周年イベントが開催されます。当社もお付き合いが長いので、

オートバイイベントではありますが、車(ポルシェ997デモ車)と自転車

(SPECIALIZED SHIV )を展示する事になりました。(寛大なるご承諾、ありがとうございます。)

SHIVは当社でDi2内裝カスタムを実施したもので、お客様にお借り致しました。(感謝、感謝です。)

ぜひ、お近くの方は遊びにいらしてくださいね。いろいろな催しもあるようですし。

http://www.shabondama.co.jp/archives/4387

ハイブリッド(HYBRID)

シートステイの補修です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上がったフレームにパーツを組付ける事が多々ありますが

恥ずかしい事に、どの部分を補修したのかが分かりませんでした。

こうして接写すると分かりますが

何気なく見ていると分からない時もあります。

破損したフレームがあるならば再生してみませんか?

 

 

これから^^

ブログをご覧頂いて、有り難う御座います。

機材スポーツの自転車には、パーツは消耗品。

しかし、最近「カスタム&チューニング」っと言う需要も増えつつあります。

弊社が得意とするカーボン素材への加工とは別に自転車の内装パーツの取付加工も増して、お蔭様でリペア並みに忙しい毎日です。

 

何気なく、フロントディレーラーを見てみると寂しいですね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタンダートな商品に何か?

ここから何かを加えてみようと検討中です。

サイクルスポーツのチューニング分野は、これからです。

 

こだわり

これを見てお気づきの方

かなりマニアです。

こんな所も、何れはこだわりたいところ。

素材はアルミの7075です。

今の時代カーボンで、サイズが奇数というのは、あるようで無いこの辺が微妙に感じられます。

既製品をセレクトし販売される今の時代に必要なサイズを

カスタムチューニングするのは、今後の課題かもしれません。

(独り言)

 

 

軽量!

04年のユーロバイクショー。

画像の整理をしていたら出てきました。

この当時は、重量の制限が無かった様な記憶があります。

各メーカーは軽量を強調したモデルをショー用に試行錯誤?

カーボンやチタンなどで、作り上げ展示してました。

最近、完成されたものに手が加えない自転車が増えるなか、懐かしさを感じ、これこそ

カスタム っと見入ってしまいました。

(メーカー保証等も、ありますが…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お次は、これ!

確か、5キロを切った超軽量。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明らかに、乗るには不安が……

近年のパーツでそれなりに組み立てれば6キロ前半も可能と思います。

走る楽しみも大切ですが、割り切った自転車で割り切った道を走るのも楽しいかも

もっと多くの画像をお見せしたいのですが、

カスタムなお楽しみはここまでにしておきます^^

 

Copyright© 2008-2012 CARBONDRY Japan Inc. Allrights reserved.